2017年10月27日 金曜日 | 輝 進 VOL.261  はコメントを受け付けていません。

秋田まるごと市場において9月30日・10月1日、秋田市スイーツフェスタが開催され約3000名のお客様が来場し大盛況で、おおいに菓子業界のパワーを発揮できたイベントになった。オープン前から長蛇の行列ができ、中でも洋菓子の実演販売は、人気パティシエの秋田県産の素材を使ったシュークリームやロールケーキを特別価格で買えるとあって、大人気で1時間待ちの時間帯もあり、閉店までお客様がとぎれなかった。和菓子部門は秋田産のりんご餡をサンドした手焼きどら焼き(弊社武石さんが実演)や上生菓子の実演、大館の青年部による枝豆最中の実演などお客様の興味をそそる内容で、裏千家青年部の茶席では、できたての上生菓子とお抹茶を堪能することができ、おもてなしも素晴らしく賑わっていた。スイーツアラカルトのコーナーでは60種類以上のバラエティにとんだお菓子を4個で550円で販売したところ約4000個が完売してたくさんの皆さんに喜んでもらった。空くじなしの抽選会も大評判だった。このイベントにあわせて秋田市スイーツコンテストを実施し、最終審査会で秋田市民から選ばれた5作品の表彰式も行われた。最優秀賞はホテルメトロポリタン秋田の伊藤さんの「枝豆と和三盆のアンバレ」だった。弊社尾形工場長の「枝豆生もろこし」は審査員特別賞を受賞した。会場では受賞作品の限定販売コーナーも設けられ話題になっていた。秋田市やJA新あきたとタイアップしておこなったこのスイーツフェスタは大成功におわり、菓子のもつパワーはまだまだすごいことを実感した。それぞれの菓子店の商売繁盛につなげていきたい!

sweetsfest 1509440396337 1509440389665

Bリーグのシーズンが始まり、B2の秋田ノーザンハピネッツは開幕から9連勝の好スタートをきった。熊本との開幕戦は4100人を超えるブースターが入場し熱いブーストをおくった。ペップヘッドコーチのもとディフェンスを強化して戦術があきらかに変わった。まだファールが多かったりかみ合わないところもあるが、この勢いで全勝優勝をめざしてほしい。ハピネッツどら焼きも選手の顔写真のシールを帯につけて販売開始したところホーム4試合で2500個が完売した。今週末は県立体育館で仙台戦の前に高橋憲一選手の引退試合が行われる。2日間限定の憲一選手のシール付きハピどらを榮太楼がブースをかまえて販売することになった。最後の雄姿を目に焼き付けたい。ありがとう憲一選手!

1509440365700 1509440370672 ハピネッツ

秋田県観光連盟の観光もりあげ隊の会議を田沢湖のニュースカイさんで開催した。観光連盟の岡部専務はじめ、旅館組合松村理事長、雄山閣の山本若女将さん、ANA片野支店長、横手市観光協会打川会長、鶴の湯の佐藤社長、ニュースカイの堀田社長たちとあきたの観光振興について時のたつのも忘れ議論を交わした。観光地に実際出向いて温泉につかるとあらたな発想が湧いてくるものである。

仙台駅ステンドグラス前での北東北フェアに7日間出店した。先発の福岡、相原からリレー方式で秋田から販売スタッフが仙台に行っておおいに秋田の榮太楼をPRしながら販売した。赤まん青まん、生どら焼き、さなづら、竿燈諸越をもっていったが、仙台初チャレンジとしては、お客様の反応もよくまあまあの売上をあげることができた。秋田県は弊社ときりたんぽの斎藤昭一商店の連合軍で頑張った。仙台はなんといっても東北の都であり、秋田出身者も多く、また首都圏からの出張者も多い。お客様とのコミュニケーションも東京とはまたちがったものがあった。私も1日販売をして実感した。仙台での販路はこのあと大きくできるかもしれない。

sendai

産経新聞の日曜全国版の「老舗あり」のコーナーに、弊社菓子舗榮太楼が取材されかなり大きくカラーで掲載された。全国の友人知人から記事を読んで連絡がはいった。大鵬・東海林太郎との縁や歴史、現在の主力商品のことまで多岐にわたって紹介していただいた。かなりの宣伝効果があると思う。内容に恥じぬようにさらに努力していきたい。取材いただいた産経新聞の藤澤支局長ありがとうございました。

 

全国の信用組合による、2017しんくみ食のマッチング展(食の商談会)に出店した。秋田県信用組合から推薦していただいた。池袋のサンシャインシティ文化会館の会場には全国から約130社が参集し、食品関係の企業のバイヤーさんたちが大勢商談に来訪された。うちは「桜咲くさくらゼリー」でブースを構えエントリーナンバー1番でめだつ場所だったこともあり、ひっきりなしにバイヤーの方々に立ち寄ってもらった。予約制の商談会も8社さまから申し込みがあり、かなり中身のこい商談や情報交換をすることができた。一輪一輪丁寧に花を咲かせた極上の逸品・桜咲くさくらゼリー」がインパクトが強い商品であることもあらためて実感した。今シーズンは12月から販売を開始する。全国のお客様にさらに「さくらゼリー」をPRし増収につなげていきたい。北林理事長はじめ信用組合の皆さん秋田の出店者のみなさんと交流会もあり、大変有意義な商談会だった。食品業界も常に変化しており、ビジネスチャンスはいたるところにある。チャンスをいかせるかは自分次第である。商流をいい方向に変えていきたい。ありがとうございました。

桜ゼリー

 

弊社幹部社員としておもに大町店に長く勤務した藤田英一さんが5日逝去された。(享年85歳)OBとして「天下の榮太楼」に誇りをもち、生涯榮太楼のことを愛した人であった。長男の俊哉君が私とおなじ昭和38年生まれなこともあり、私も幼少のころからかわいがってもらった。榮太楼会や、旅館榮太楼の喜榮会には100パーセント出席で、旅館を廃業したときには非常に残念がっていたが励ましてくれた。酒が大好きな人だった。今頃天国でうちの親父や東三郎元社長、OBの皆さんと酒を酌み交わしていることだろう。合掌。

ユーランドホテル八橋の年に1回の取引業者会に出席した。松村社長は旅館ホテル組合の理事長・商工会議所の観光サービス部会長でもあるが、北朝鮮からの拉致被害者を救う会の秋田県の代表も務めている。会合では最近の北朝鮮動向も踏まえての挨拶があった。松村社長の正義感が強くぶれずに世のため人のために活動している姿勢にはいつも本当に頭が下がる思いである。ノーザンブレッツ、ノーザンハピネッツ、ブラウブリッツの選手たちにはユーランドのお風呂を無料提供したり、スポーツ振興にもユーランドは協力している。当日はそれぞれの代表もユーランド会に参加し、とてもなごやかなで楽しい宴であった。松村社長の人柄である。会のおみやげには、榮太楼特製ユーランド餅入りどら焼きをご用命いただいた。感謝!日をあらためて松村社長と旅館組合の事務局の鎌田さんとも久しぶりに食事をすることができた。来月は旅館組合の60周年式典が予定されている。旅館ホテル業界万歳!

衆議院総選挙が行われ与党が勝利し、安倍政権続投が決まった。野党が分裂し、民進党は解体状態になり小池さんの立ち上げた希望の党も「緑のたぬき旋風」は吹かず、ぶれなかった立憲民主党だけが議席を増やした。ポリシーも何もなくただバッチをつけていたいだけの国会議員が多いのは情けない限りである。多くの国民はあきれている。

秋田県では、冨樫博之さん、金田勝年さん、御法川信英さんの現職が当選し、比例で寺田さん緑川さんが当選した。言葉に魂をこめて全身全霊で日本や秋田をよくしてくれる政治活動の実践を切に望みたい。

わたしたちも傍観せず、プレイヤーとして会社や地域を活性化させていきたい!

 

社長 小国輝也

 

カテゴリー:社長通信 「輝進」
2017年10月24日 火曜日 | 画像は秋田マリーナですが… はコメントを受け付けていません。

秋田マリーナ

10/25日(水)

収穫祭2 始まります。

今回は1000円以上お買い上げで

「赤まん」「青まん」

プレゼント!

季節限定の

「秋田マリーナ」も販売中です。

カテゴリー:お菓子