2018年4月7日 土曜日 | 輝 進 VOL.266 はコメントを受け付けていません。

2018.3.25
輝 進 VOL.266

納谷幸之介が大相撲春場所序の口で7戦全勝優勝を飾った。堂々とした取り口で祖父・大鵬を彷彿とさせる内容だった。インタビューにもおちついて誠実にこたえていて好感がもてた。これからも忍の一字を胸に努力して、大きな夢にむかって頑張ってほしい。幕内はひとり横綱の鶴竜が独走で優勝。もりあがりにかける場所になった。大関以下がふがいない。38歳秋田出身の豪風は十両筆頭で勝ち越し、幕内復帰を決めた。たいしたものだ。

DSC_1903
今年の冬は寒くて雪解けもおそかったが、お彼岸になってようやく春めいてきた。いちご大福はひきつづき好調で、桜咲くさくらゼリーもいよいよ動き出した。ここ数年続いた中国の爆買いは沈静化したが、新規のお客様も増えてきている。さくら蒸しどら、さくらサブレも人気なので、榮太楼のさくらを満開にしていきたい。赤まん青まんはかなり製造数も増えまもなく発売開始3年になるが右肩上がりである。あきたを代表する饅頭に育て上げていきたい。
仙台駅ステンドグラス前での東北物産展に7日間出店した。前半は福岡常務が先発し、私が後半3日間リリーフした。さすが東北の都だけあってひっきりなしにお客様がいて物産展も賑わっていた。うちは昨年の10月につづき2回目だったが、生どら焼きはかなり人気があり、秋田にゆかりのあるお客様にはさなづら、竿燈もろこしを指名買いいただいた。春のプレミアムスイーツ「桜咲くさくらゼリー」は仙台初登場だったが、見た目が華やかで目を引いて評判がよかった。以前大町店につとめていた木川田さんや東北大学の学生さんたちに販売頑張ってもらった。営業時間が長いのでさすがに足腰が痛くなったがなんとか乗り切った。私の同期の警察の佐々木薫くん、東北大学の中野俊樹くんには大変お世話になった。JAの柴田くんはじめ友人知人もけっこう買いに来てくれて、「さくら効果」だった。感謝!仙台での販売は手ごたえがあったのでこの勢いで外貨獲得できる体制を整えていきたい。

DSC_1850 DSC_1847
金田勝年衆議院議員の後援会・勝山会の総会がキャッスルホテルで開催され、金田先生ご夫妻を囲みなごやかに懇談した。自民党の副幹事長として日々奔走されている金田議員のますますの活躍を祈念したい。秋田をおおいに愛する政治家である。
北都会では前朴政権時に韓国で逮捕・軟禁された産経新聞の加藤達也編集委員から
朝鮮半島情勢についての大変なまなましい講演を聞いた。日本も平和ボケしていられない。あきしん会総会開かれ、会長が長年つとめられた山二の西村さんからタプロスの木村さんに交代した。芸術文化鑑賞会も元秋田信用金庫行員の渡部さんのライブで盛り上がった。

 
秋田県議会議員の観光議員の方々と、観光連盟・市町村観光協会の代表との観光懇談会がパークホテルで開催され、秋田の観光業界の現状と課題について情報交換をした。先日も県外からの来客を男鹿や田沢湖・鶴の湯にもおつれしたが、秋田の観光素材は素晴らしいものがあると再認識した。いかにそれらをアピールして呼び込む体制をつくるかが大事だと感じている。
竿燈まつり実行委員会の役員会、秋田観光コンベンション協会の評議員会も開かれ来年度の事業計画等について審議した。英知を結集してひとを呼んで栄える秋田創りを推進していきたい。
秋田商工会議所商業部会の正副部会長の懇談会をレストランかなやでおこなった。おいしい洋食を食べながらかなりつっこんだ話もあり有意義な会合になった。昼の会議だけではないよさがこういうオフサイドミーティングにはある。秋田をよくするため実践していきたい。

 
第一学院高等学校秋田キャンパスの卒業式があり参列した。卒業生39名それぞれからのおもいのこもったメッセージがあり、とても感動的な卒業セレモニーだった。五城目出身のラッパー羅漢さんの歌とメッセージがとてもインパクトがあり生徒たちの心に響いていたようだった。桑原校長・佐藤元先生ありがとう!お疲れ様でした。
にかほのホテルエクセルキクスイの菊地社長の母上が急逝された。大変きさくでバイタリティ
のある方で商工会の女性部長もつとめていらっしゃった。ご葬儀はたくさんの花と参列者で華やかな旅立ちだった。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
お彼岸には菩提寺の本妙寺で、お上人さんと檀信徒でお経をあげその後檀家総会を開いた。本堂で読経していると心が落ち着くかんじがする、ご先祖さまに感謝したい。ただ年々お参りの方が減ってきているように思う。日本人として墓参は大事なことであり、報恩感謝の気持ちはもちつづけたいものである。
私の従兄にあたる故加賀谷信悦さん(叔母・栄子の長男)の7回忌法要を24日の祥月命日に執り行った。早いものである。秋田工業時代はラグビー部で活躍した。榮太楼をいつも応援してくれていた。報いるためにもしっかり榮太楼を前進させ、トライを奪っていきたい!

 

DSC_1833
秋田ノーザンハピネッツは今月も絶好調で、福島、愛媛、名古屋を撃破し、目下18連勝中であと3勝でBリーグ記録に並ぶ勢いである。12月以降の新加入の選手たちも力を発揮し層が厚くなりほんとに強くなった。選手の誕生日のケーキを榮太楼からおとどけに行っているが選手たちの雰囲気もものすごく明るく盛り上がっている。先日は田口キャプテンだった。B2優勝はもちろん、来季はB1でも上位で戦えると思う。GOGOハピネッツ!!
サッカーJ3、ブラウブリッツ秋田は開幕から1勝2敗で、25日秋田陸上競技場で、ホーム開幕戦を迎える。相手は福島。1万人以上集客して、ホーム初戦をもりあげようと、会社も後援会・サポーターも一丸となってPR動員を図っている。行政も動いて有識者による実行委員会でスタジアム整備にむけての検討がすすんでいる。ぜひとも今季もJ3連覇をはたし来季はJ2に昇格してほしいものである。スポーツが活性化すると交流人口も増えていくことになる。頑張れブラウブリッツ! ファイト秋田!!
DSC_1914

平昌パラリンピックで成田緑夢(ぐりむ)選手がスノーボードの2種目で金と銅メダルを獲得した。左足の大けがをのりこえての快挙である。うれしさと楽しさを全面にだして競技に積極果敢に挑み、インタビューにさわやかに答える姿に感動した。実は彼は秋田で2001年に行われたワールドゲームスのときにきて、旅館榮太楼に数日滞在したことがあり、私も成田ファミリーと親しくさせていただいた経緯がある。面影は幼い時と変わらないがたくましくなったなと感じた。ほんとにおめでとう!!たくさんの人が勇気をもらったと思う。
永年、弊社に勤務してくれた綱岸さんが今月で退職した。ほんとにみんなに愛されていたナイスキャラだった。洋菓子の池田さんも退職し、北海道に戻ることになった。今後の活躍を期待したい。ふたりの送別の宴をプラッツで催し門出を祝いつつ楽しく飲んだ。
榮太楼も頑張ろう!!!
社長 小国輝也

カテゴリー:社長通信 「輝進」