2018年1月25日 木曜日 | 輝 進 VOL.264   はコメントを受け付けていません。

2018年戌年を迎え早くも一か月が過ぎようとしている。秋田市は元旦から雨でその後も中旬までは1月としては珍しく雨の日が多く積雪がゼロになった。22日関東方面で大雪になり首都圏は大騒ぎだった。秋田も今週は寒波到来でかなり寒くなっている。オーストラリアでは47度の暑さ、ロシアではマイナス65度を記録するなど地球環境はおかしくなってきているようだ。天候不順による災害にあいませんように神に祈りたいと思う。

2018年会社の経営方針は引き続き「日々改善 日々攻進」にスローガンを決めた。

  1. チーム榮太楼・連携プレーの強化(つくるスピードと売るスピードの一体化)
  2. 在庫圧縮・コストダウン
  3. 主力商品強化  赤まん青まん重点販売

桜咲くさくらゼリー重点販売

  1. 歳時記イベントによる直営店集客アップ
  2. 外貨獲得(インターネット通販強化・県外マーケット攻略)

以上5項目を重点目標として、今年も榮太楼丸を力強く前進させていきたい。

大晦日まで行われた「赤まん青まん総選挙」はお客様も楽しんで投票いただいたようで、約1,000票のうち僅差の29票差で赤まんが勝利した。店別では青まんの5勝4敗だったが総得票は赤まんのほうがうわまわった。8日に行われた抽選の結果各店1名様合計9名のお客様に赤まん青まん一年分が当たり、当選した方々には大変喜んでいただいた。「赤まん青まん」日本一をめざしてさらに頑張っていきたい!

店頭では「新春いちごフェア」を好評開催中である。いちご大福は待っていたお客様が多かったようで人気がある。あまおうを使用した大いちご大福は4店舗日にち限定で販売予定でおおいにアピールしていきたい。いちごのはちみつロールをはじめ洋スイーツ・ケーキや焼き菓子をラインアップし、店は華やかな雰囲気になっている。さくらゼリーも並んでいるので榮太楼はすでに「春近し」である。立春大福の予約販売も始まっている。3月の繁忙期までおおいに店頭を盛り上げていきたい!

大相撲、大嶽部屋から納谷幸之介が、前相撲でデビューし3連勝した。3番目は朝青龍の甥にあたる豊昇龍との注目対決に勝って、マスコミもヒートアップしていた。私も上京の際、朝一で応援にいき、彼の晴れ姿をみて感銘をうけた。中日8日目には新序出世披露がおこなわれ納谷は祖父大鵬が使用した化粧まわしをしめて、国技館の土俵上で紹介された。

祖母・芳子や母・美絵子たち家族もかけつけ感無量の様子だった。くしくも19日は大鵬の祥月命日だった。おじいちゃんも天国で喜んで祝杯を挙げていることだろう!プレッシャーに負けないで、納谷幸之介が角界で活躍してくれることを祈りたい!頑張れ納谷!!

1516770414316 naya

 

 

 

 

 

 

 

 

大相撲初場所は白鵬、稀勢の里が序盤で早々に休場し、一番再起を不安視された横綱鶴竜が10勝1敗で平幕の栃ノ心と並んで優勝争いしている。鶴竜がこのままいきそうである。大関陣はじめほかの上位陣がふがいない。

大砂嵐は無免許運転で追突事故をおこし9日目から休場した。情けない。再起は無理だろう。大嶽部屋は若手力士も増えて盛り上がっているのに水を差された。みんな一丸となって頑張ってほしい。大鵬が見守っている!ファイト!!

秋田商工会議所新年祝賀会がキャッスルホテルで開催され来賓をふくめ約950名が参集した。私は毎年参加しているが過去最高の出席者で、景気がいい企業が増えてきているように思った。三浦廣巳会頭や佐竹知事、穂積市長からも新年にあたり、秋田を元気に活性化させるために経済界も前向きに頑張っていこうといった祝辞があった。

裏千家淡交会秋田支部の初釜はキャッスルホテルでおこなわれ約500名の皆さんが新年の茶席を楽しんだ。来賓席の主菓子と薄茶席の干菓子が榮太楼謹製だった。凛とした雰囲気でお抹茶をいただくと気持ちがいいものである。

次男・洋敬が成人式を迎えた。市立体育館での成人の集いは新成人がたくさん参加し華やかで若いオーラに包まれていた。中学校の成人を祝う会もおおいに盛り上がったようである。大きな夢を抱いて積極的にチャレンジして新紀元を切り開いてほしい!

上京し高島屋各店、美彩館、ふるさと館などあいさつ回り営業をしてきた。首都圏は活気がある。菓子店経営研究会では、参加者による成功事例発表や年末年始の情報交換をおこない今年の経営についてのヒントを得ることができた。繁盛している菓子店オーナーの話は参考になりいい刺激を受けた。

会社の有志新年会は山王のわかばでおこなった。焼き肉で英気を養った。ウルトラクイズやじゃんけん大会でけっこう盛り上がった。この勢いで一年間頑張っていきたい。

商工中金懇話会の新年会はキャッスルホテルで行われ秋田の経営者が多数あつまり、さまざまな話題がでて有意義な宴だった。

東京から同級生の広島君が帰ってくるのにあわせて附属中学校OB有志の新年会を歩摘亭でおこない、二次会の「いしだりゅういち」でのカラオケ合戦まで大変盛り上がった。40年前の少年少女にもどってテンションがあがった一夜になった。幹事のチャコありがとう!

菓子組合秋田支部(私が支部長)の新年会はイヤタカのバレリアーノで開催し、35名の参加ではあったがアットホームな雰囲気で懇親を深めた。来賓の秋田市石井副市長、県の草薙観光文化スポーツ部長からもエールを交えての挨拶をいただいた。昨年はスイーツフェスタが大成功だったが、イベントでお客様への啓蒙活動を行いながら組合の仲間の経営にフイードバックできるような有意義な活動を実施していきたい。

20日には、ミュージカル「東海林太郎伝説」上演のあと、ひきつづいて「みんなで歌おう東海林太郎」を開催した。オープニングは東海林太郎伝説に出演している役者さんたちから一言コメントもらい、みんなで「国境の町」を歌った。東海林太郎ふるさと合唱団約50名のみなさんが往年の太郎の曲を歌い、なかなかメリハリのある音楽イベントになった。私が進行役を務めた。今年は東海林太郎生誕120年になる。12月11日が誕生日なので12月8日土曜日にアトリオンで東海林太郎生誕120年音楽祭を開催するほか、資料のデータベース化や若い世代への東海林太郎啓蒙活動を行っていく予定である。人間・東海林太郎を後世に伝え、「あきたが生んだ永遠の歌声」を顕彰していきたい。

ミュージカルは上演90回を超えた。来月18日が千秋楽になる。わらび座さんの作品の中でもおそらくナンバーワンの内容だと思う。ぜひまだ見てない人は、ナカイチに足を運んでほしい。泣いて笑って感動すること間違いなし。これからの人生を変えるターニングポイントになると思う。(ちょっと大げさかな)

 

2018年が素晴らしい年になるよう、みんなで力をあわせて頑張っていきましょう!!

 

 

社長 小国輝也

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:社長通信 「輝進」
2018年1月17日 水曜日 | 2/1(木)~2/4(日)【限定販売】立春大福 はコメントを受け付けていません。

2月1日(木)~2月4日(日)

4日間限定販売

立春大福 4個入り 700円

ほんのり塩味の黒豆大福です。

立春大福

カテゴリー:お菓子
2018年1月3日 水曜日 | 本年も宜しくお願い申し上げます。 はコメントを受け付けていません。

あきた銘菓 「さなづら」

山葡萄果汁を使った秋田榮太楼の代表商品。

2018年は秋田土産ナンバーわん!を目指して販売していきたいと思います。

 

 

2018 戌

カテゴリー:店舗情報