2018年10月2日 火曜日 | 輝 進 VOL.272  はコメントを受け付けていません。

2018.9.24
輝 進 VOL.272

「シャイなマスカット」がヒットしている。シャインマスカット大福であるが、和菓子部門でつくったものを、洋菓子スタッフがチョコレートで顔を描いて仕上げている。ネーミングよくとてもかわいらしく、インスタ映えするのが好評の理由である。幸町のスタッフがツィッターにのせたところ、600人を超える反応がありリツィートされた。金農パンケーキほどではないが、やはり話題性のあるものにお客様は反応する。来客数を増やし、赤まん青まん、さなづら等定番の代表銘菓も増売していきたい。

敬老会もおおくの地区の社会福祉協議会様からご用命をいただいた。「あめでとうどら焼き」や「紅白蒸しどら焼き」「不老長寿最中」などが、人気だった。お彼岸も「おはぎ」「あんころ餅」を各店かわら版を配って事前にPRしたこともあり動きがいいようだ。24日が十五夜でお月見饅頭も2日間限定販売をした。お彼岸と重なったこともあり、製造も販売も大変だったが、歳時記にあわせて早めに貪欲にアピールすることで連鎖集客につながるのである。素材にこだわった美味しい旬の季節菓子をタイムリーに展開して店頭のシズル感を大事にしていきたい!
超大型の台風21号が日本列島を直撃し関西では被害が大きく、4日関空はタンカーが橋に激突したり高潮をかぶって完全にマヒし、国内海外とわず旅行・ビジネス客におおきな影響がでた。6日には北海道厚真町で最大震度7の大地震が発生し土砂くずれ等で40名以上が死亡し、ブラックアウトで北海道全域が数日停電し、大きな被害がでた。新千歳空港も数日大混乱になった。まさにこの9月の日本は災害列島のようである。天変地異はいつ起きるかわからないが、地球温暖化の影響も深刻になってきており、災害に対する準備は今まで以上にしっかりしておく必要がある。ただネガティブにならずに気持ちは明るくポジティブに前向きにすごしていきたい。
洋菓子協会の東北ブロック大会が秋田キャッスルホテルで開催され、来賓をふくめ各県から役員の皆さんが来秋し、さまざまな情報交換をおこない懇親を深めた。成分表示の義務化、原料の原産地表示、カロリー表示、来年秋からの軽減税率の問題など業界の課題は多いが、知恵をだして乗り切っていきたい。秋田のスタッフの反省会はビューホテルで行い、みなテンションが高く盛り上がった。
秋田市スイーツフェスタ2018の最終実行委員会も行い、各部門ごとに細部にわたっての打ち合わせも行った。物販、和菓子、洋菓子実演、抽選会、JAコーナーそれぞれの内容も決まって、昨年にまけず、楽しくおいしいスイーツフェスタになりそうである。29日30日はぜひたくさんの方にご来場いただき、あきたのお菓子を満喫していただきたい。DSC_0244DSC_0252
上野駅であきた産直市が開催され、榮太楼も出店し、福岡常務が気合をいれて頑張った。赤まん青まん、生どらやき、さなづら、秋田犬どら焼きが人気だったようである。3日間おこなわれたが昨年5月開催時より弊社は売上もよく、けっこう首都圏のお客様にも認知されてきているようである。

1536804535684
京・花街の文化体験講座「芸舞妓と語らう夕べ」が千秋亭で開催された。公立美術大学の官能教授のプロデュースで昨年に続いてのイベントであるが、京都先斗町から現役の芸妓・千鶴さん、舞妓・市結さんがきて、本格的な踊りや花街の作法を披露した。お客さんとのやりとりもあか抜けていて、さすがに京都だなと参加者も感心していた。特別にあきた舞妓も普段着で参加し、宴会芸では京都と秋田の対決も見られ、なかなか中身の濃い一夜になった。文化は人を熱くする!官能先生ありがとうございました。

DSC_0065
東京経済大学葵友会の東日本大会が新潟の万代シルバーホテルで開催され、川村先輩といっしょに参加した。ひさしぶりに新潟まで車で行ったが、片道4時間半かかりやはり遠かった。ただ前にくらべて部分的に高速道路が開通していて走りやすくなっていた。葵友会の前新潟支部長で、今回の実行委員長寺尾さんは、さくら製菓の社長で弊社榮太楼もお世話になっている。素晴らしい大会だった。お酒やアトラクションの古町芸者もおもてなしの心意気が感じられ、また大先輩たちや同期とも交流することができて、同窓の「絆」を感じた。時間がなく新潟観光をまったくせずとんぼ返りだったことが心残りかな。
秋田高校同窓会企画委員会や銭谷会長を交えての合同委員会が開かれ、同窓会事業の進捗状況や来年にむけての課題等について打ち合わせをおこなった。

DSC_0088
第4回千秋花火が15日におこなわれ、日中開催されたあきた元気まつりとあわせ、広小路から駅前にかけてものすごい人が集まり、大盛況だった。私も去年は東京にいて見れなかったが今年は観覧席で友人・家族といっしょに楽しむことができた。オープニングは竿燈とともに花火があがり観客の心をつかんだ。金足農業をイメージした花火や千秋公園の昔から現在にいたるまでのテーマにあわせた花火が音楽にあわせて打ち上げられ、メリハリがあって楽しいマチナカの花火大会だった。ブラボー!実行委員長は光月堂の川口社長である。行政に頼らず、みんなの力で秋田を元気にしていこうという志に感動した。実行委員のみなさんほんとにありがとう!明日のあきたはもっともっと輝いていくことだろう!!
東海林太郎生誕120年祭実行委員会が開催され、10月3日4日の「受け継ごう東海林太郎の人と歌」の最終確認をおこなった。楽しく中身の濃いイベントになりそうである。浅利香津代さん出演の3日はかなりうまってきたが、まだ4日はかなり余裕がある。4日は東海林太郎の祥月命日であるので、ぜひ満席にしたいと思う。皆さん、ぜひ当日はナカイチ多目的ホールにお越しください。岩本公水さんも2日間はりきって歌ってくれることになっている。12月9日はアトリオンで若い世代も参加する未来志向の「東海林太郎音楽祭」も開催される。私が実行委員長で今月は大口協賛依頼にさまざまな企業に出向いてお願いをして歩いた。感触はおおむね良好。120年祭、大成功させたい。

自民党総裁選、安倍総理が石破氏を大差でやぶり、3選を果たした。安倍さんは歴代最長の総理大臣になりそうである。ただ地方票は45パーセントが石破氏にはいり、安倍さんに対する不信感も多いのが現実である。国際情勢も国内も厳しい環境であるが、新総理には言葉に魂をこめて、世のため人のため誠実にこの国の舵取りをしていただきたい。
大相撲秋場所、大嶽部屋の納谷幸之介は幕下東60枚目で、3勝3敗で13日目にライバルの豊昇龍と対戦し首投げで逆転負け。大相撲にはいってはじめて負け越してしまった。幕下の壁に跳ね返された。来場所はまた三段目になるが、仕切り直しで頑張って、力をつけて上を目指してほしい。今場所は横綱大関陣が皆勤して元気で終盤まで優勝争いももりあがるかにみえたが、最後は白鵬がやはりここ一番強かった。幕内1000勝も達成し41回目の優勝(14回目の全勝優勝)を飾った。8場所連続休場で進退をかけた横綱稀勢の里は連日ひやひやさせたが、10勝してなんとか首の皮がつながった。大関をめざした御嶽海は6敗し、来場所再チャレンジである。史上はじめて3賞の受賞力士がいなかった。何かと話題の多い場所だった。
社長 小国輝也

カテゴリー:社長通信 「輝進」