2021年4月7日 水曜日

桜咲くさくらゼリーがブレイクしている。

フジテレビのめざましテレビの「イマドキ」のコーナー、日本テレビのZIPの「キテルネ」のコーナーで取り上げられ全国放送された。メディア効果で電話やネットでの「さくらゼリー」のオーダーが急増した。店頭でのお買い上げも増えて品薄状態になってしまった。私の友人知人からもメールや電話が多くあり久しぶりに会話できた方もいて、おもわぬさくらゼリーフィーバーに春は盛り上がっている。

名古屋のCBCラジオの「ズバリなっとく」という番組の「聞きたい!知りたい!もらい隊!」のコーナーにも生出演し、愛知県方面からのオファーも増えた。

FMあきたでは、大間ジローさんの「J’Sネクスト」に出演させていただき大相撲や大鵬の孫の話をしながら、パーソナリテイの大間さん、文子さんとおおいに盛り上がり、リスナープレゼントは「桜咲くさくらゼリー」にしたところ結構人気があった。

ABSの「朝採りワイド秋田便」でも鶴岡慶子さんのコーナーで大相撲春場所のトークをしてさくらゼリー特別パッケージのアピールもさせてもらった。

女性向け月刊誌の「ESSE」をはじめ、フコク生命や自民党の機関誌にも大きく掲載され、さくらゼリーの波がきているようである。ウエイブにのってどんどん進んでいきたい!

ひな祭りは桜餅やいちご大福が絶好調だった。お彼岸にはこし、つぶあん、ずんだ、きな粉の4色のぼた餅が、彩りも良く例年にもまして好評で、連日完売し店頭もにぎわった。いとく新国道ではケーキも人気で今月の売り上げは3月の最高になりそうだ。工場スタッフのみんなご苦労様!トピコもまだコロナの影響はあるもののかなり復調してお客様の動きも良くなってきている。昨年は全国的に学校が休校になり、自粛傾向でまったく人が動かなくなったが、敵の正体もわかってきたので気をつけながら普通に生活できるようになってきている。首都圏の緊急事態宣言は21日で解除になったが、感染者はまだふえており、宮城や山形でも増加しているのは不安材料だが、対策をこうじながら経済もしっかり回していきたい。

秋田ノーザンハピネッツは試合の調子にムラがあり、23日まで25勝19敗で東地区7位。チャンピオンシップ進出は厳しくなってきたが、のこりの試合でベストを尽くして頑張ってほしい。GOGOハピネッツ!

ブラウブリッツ秋田はJ2開幕してからアウエーで闘い、ここまで2勝1敗1引き分けで全体の5位につけている。いよいよ28日にはホーム・ソユースタジアム秋田での開幕戦を迎える。強敵の京都サンガ相手であるがぜひ勝ってはずみをつけてほしい!頑張れブラウブリッツ秋田!!

お世話になっているキリンビールの栗原北東北支社長が九州の熊本支店長に転勤になり、また日本経済新聞の早川秋田支局長が東京本社に転勤になるとのことで、有志で秋田の瀧で、壮行会をおこなった。久しぶりに美味いキリンビールを飲みながら、情報交換をすることができた。お二方のさらなるご活躍を祈念しつつ、秋田への応援を切にお願いしたい。
秋田県菓子工業組合の有志数人で「ふじ繁」で打ち合わせを兼ねた懇親会をおこなった。総会や新年会もできなかったので久々の顔合わせになった。現在の環境や業界の課題について忌憚のない意見を交わしながら飲んだのでかなりテンションがあがり有意義な一夜になった。コロナ対策やハサップ導入義務化など取り組むべきテーマは多いがみんなで結束して乗り切っていきたい。
秋田観光コンベンション協会の会員交流会がホテルメトロポリタン秋田で開催され、三浦理事長はじめ役員、評議員、賛助会員の皆さんが相集い、約70名の懇親会になり、ソーシャルディスタンスを取りながらではあるが、楽しい宴になった。歓送迎会も軒並み中止で、ホテルや飲食業界は大変なダメージを受けている。なんでも自粛するのではなく、可能なかぎり会合も必要なものはどんどんやるべきだと思う。そのあとコンベンション協会のスタッフと二次会でも顔をあわせ、まるごと市場の大島社長といっしょにこのあとの秋田の観光についても熱く語ることができた。アフターコロナ、ひとを呼んで栄える秋田を創ろう!

秋田県知事選挙、秋田市長選挙がはじまった。コロナ禍でいつもと違っておおきな集会等ができない選挙戦になっている。コロナ対策ともに、今後のあきたをどうしていくのか、将来の秋田活性化をどうするのかが問われる大事なタイミングである。アフターコロナはパラダイムシフトが起きるといわれている。このピンチをチャンスに変えることができる斬新な発想と行動力のあるリーダーに当選してもらいたい。秋田を元気に前向きに変えていこう!
コンパクトシティを創ることをメインに市民主体の街づくりに取り組んでいるのは武内伸文さんである。

大相撲春場所はまた両国国技館で開催されている。横綱鶴竜は最初から、白鵬は3日目から休場し、また横綱不在の場所になった。まさに給料泥棒と言われても仕方ない状況である。大鵬が生きていれば喝を入れたことだろう。3大関も不甲斐ない。そろって勝った日がほとんどなく、優勝争いはできていない。元大関が奮闘した。10日目おわって高安が1敗でトップである。3敗で照ノ富士らがおっているが高安が初優勝を果たすのではないだろうか。照ノ富士の大関昇進は決まりそうである。となると次の横綱は誰がなるのか、まさに戦国時代、先の見えない大相撲の現況になっている。大嶽部屋の王鵬は3勝3敗。
なんとか勝ち越して十両に1場所で戻ってほしい。幕下夢道鵬は現在3勝2敗、三段目の鵬山は4勝1敗と勝ち越した。大嶽部屋力士たちの千秋楽までの健闘を祈りたい。
がんばれ大嶽部屋!納谷3兄弟ファイト!
皆さんも応援よろしく!!!

社長 小国輝也

Comments are closed.